センゴクジャパンオープンウォーターチーム所属 寺田選手のセンゴクラバーテスト評価

こんにちは!私がテストしてきました
「センゴクラバー・オープンウォーター用水着」
半年以上に渡るテストと打ち合わせを繰り返し、とうとう完成しました。

素材面でFINA承認は受けられませんが、
オープンウォーターでFINAつけなきゃいけないのは、
エリートレースと認定大会のほんの一部。

これだけオープンウォーター人口が増えているので、
オープンウォータースイマーに特化したものを作りたいという社長のお気持ちに少しでも貢献できるようにと、
周りのオープンウォータースイマーも巻き込みながら最高の一品を製作しました。

特徴は、
お尻の割れ目から水が入り、
タプタプしないように、
股上を高くハイウエストにしました。
視野確認をしても背中側から水が入る事を無くしたかった為です。

また、
ラバー特有の水の抜けない素材に対応すべく、
水抜き穴を改良しました。
万が一水着に水が入ってもこの水抜き穴からスッと抜けるのでストレスフリー。

今は計測をチップで管理することが多いので、
チップを腕ではなく足につけるスイマー向けに、丈も長くしました。

微調整を何度も繰り返し、
試作を周りにも着てもらい、
やっと好みに仕上がりました!

ちなみに、
試作段階で僕は100×10 1:20で試しましたが、
練習用水着(ボックスタイプ)で

Ave.1:09 HR156でした。
ラバーでは
Ave.1:06 HR144でした。

タイムは上がるのに心拍は下がる。
2日連続でやったので、調子はほぼ同じ。
水着の効果であることを実感です。

今、
市場に出回ってるラバーは競泳仕様なので、
サイズはタイトで、水抜きや丈は競泳仕様です。
これはオープンウォータースイマーの声を反映したものなので、
間違いありません。

オープンウォーターに参加するのに何を着れば良いだろう?
とお考えの方は是非、
センゴクジャパンに問い合わせてください。
みなさんがセンゴクラバーを着たらライバル増えるけど、、、
そこは自分の能力を上げるのみですね!

お問い合わせはこちら

2019年07月12日 | Posted in お知らせ | |  

関連記事